2014年01月18日

三池崇史監督の作品で衝撃を受けた映画



わたしは普段、邦画はあまり観ない方なんですが、黒沢清監督の作品と三池崇史監督の作品はわりと観ています。

どちらの監督の作品も結構な刺激があって好きなんですよね。


以前、TVを見ていた時に三池監督へのインタビューで、インタビュアーが「三池監督は・・・。」と質問すると、「いえいえ、私は今、監督ではありません。」「映画を撮っている時は、確かに監督ですが、映画を撮っていない時は、監督をしたいな・・と望んでいるただの無職のおじさんです。」と笑いながら答えていたのがすごく印象に残ってます。

この三池崇史という人は「早撮り、多作」で有名な監督なのですが、その答えがこの言葉にあるような気がします。

こんなに謙虚な考えを持った人はまずオファーを断ることはないと思うんですね。  
しかもセンスがいいとくればオファーもおのずと増えてくるはず。

全ての希望に答えようとすると、自然と「早撮り、多作」になってくるのではないでしょうか?


そして、最近こそ「忍たま乱太郎」「ヤッターマン」など、マイルドな作品も撮ってますが、一昔前は「こんなもの、はたして上映できるの?」というような映画も撮ってます。



そんな衝撃の三池作品をいくつか紹介させてもらいます。




一本目「DEAD OR ARIVE(犯罪者)」
竹内力.jpg哀川翔.jpg
刑事である哀川翔と中国系マフィアである竹内力(まだ顔にシャープさが残ってます。)の血で血を洗う報復合戦の映画です。

哀川翔には、すれ違い気味だけども、愛してる妻と子、そして慕ってくれる部下がいる。

一方竹内力には、自分と同じような裏の道を歩ませたくない弟(大学に行かせている。)がいます。
そして気のおけない仲間たちもいますが、熾烈な報復戦の末、お互いにその全てを失ってしまうんですね。

残った二人は導かれるまま最後の戦いへ・・・。      

衝撃のラストです。

他にこの映画で印象的だったのは、石橋蓮司の変態性と凶悪性を併せ持った演技と、トラブルを抱えながらも夫(哀川翔)を支え、信じている妻(杉田かおる)の演技。

これらの熱演があったからこそ、愛する仲間や家族を失った二人の心の葛藤がより鮮明になったのではないかと思うんです。

「DEAD OR ALIVEシリーズ」はこのあとに2本つくられており、主人公の二人は同じですが時代や設定は違ってます。 

3昨目などは未来の話で哀川翔がなんとロボットに・・・。







2本目「オーディション」
椎名英姫.jpg石橋凌.jpg
芸能関係の仕事をしているちょっとリッチなシングルファーザー(石橋凌)が主人公。

子供もいい年になり、そろそろ自分の為に再婚相手を探そうか?と考えている。

真剣に悩んでいたところ、悪友から「そんなの自分の立場を利用すれば簡単じゃん。 映画のオーディションということで募集をかけたら、綺麗なのがいっぱい集まるじゃん。 そこから可愛い子を探すんだよ。」とそそのかされ、まんまとその提案に乗っかってしまいます。

このオーディションで主人公が白羽の矢を立てたのが、線が細く薄幸そうな役者を目指している美人。

だんだんと良いなかになっていくが、同時に彼女に関する気になる噂も聞こえてくる。

彼女をないがしろに扱った芸能プロダクション関係の人間が行方不明になってることや、少女の頃に通ってたダンス教室のオーナーの証言など、「ひょっとしたら俺はとんでもない人間と恋仲になってるのかも?」と主人公も考え始めます。

この時の撮り方が、感心するくらい天才的なんです。

はたして、今観ている場面が現実なのか、主人公(石橋凌)が考えてる妄想なのか敢えてはっきりさせないんです。
そして、このふわーっとした雰囲気で映画を見ている中、要所要所で「ズーン」とくる衝撃シーンをはさみ込んでくるんですね。

こうして観ている観客も半信半疑のまま、とうとう怒涛のラストへ。

わたしも最近はめっきり記憶力が低下してきており、この映画の主人公(石橋凌)の名前がどうしても出てこず、Wikiで調べたところ、「この映画は2000年のロッテルダム映画祭で記録的な途中退場者を出した。」との文言が目にはいりましたが、それもこの映画のショッキングさを物語ってると思います。

単純に映像がグロいというのではなく、精神的にきます

怖いものが大丈夫という人は一度トライしてみてください。









3本目「インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜」
インプリントぼっけえきょうてえ.jpg
レンタルショップでは「マスターズ・オブ・ホラー」というホラー映画集の一本として置いてあります。

雑誌で取り上げていたので、興味本位で借りてみましたが、前述「オーディション」の上の上の、そのまた上を行く、とんでもない作品でした。

「なんで観ちゃったんだろう。」というのが初見の正直な感想です。

外国資本の映画なので全編英語ですが、途中から全く気にならなくなります。

題名の意味は岡山弁「とても怖い」という意味らしいです。

ある遊郭へアメリカ人(ビリー・ドラゴ)が、恋仲だった女郎(小桃)を身請けに来ます。
しかし、小桃はすでに死んでおり、理由を問いただすと、窃盗事件の濡れ衣を着せられて、拷問の末殺されたらしい。

その濡れ衣を着せたらしい異形の女郎工藤夕貴)に問い詰めるアメリカ人。

彼に対して淡々と女郎工藤夕貴)が語り始めたのはまるで、この世のこととは思えないような陰惨な身の上話だった。
インプリントぼっけえきょうてえ2.jpg






まず驚いたのは悪役以外でビリー・ドラゴを見たこと。   

普通の人を演じてるのを初めて見ました。

そして拷問シーンのエグいこと、エグいこと。

さらに工藤夕貴の独白シーンの迫力。

この独白に合わせて回想シーンが何回か映像になるんですが、最初はかわいそうな身の上なのかな?と思ってみていたのが、だんだん方向性が変わってくるんです。

繰り返すうちに、まるで人間が抱えられる全ての「業(ごう)」を含んだような身の上話に変わってきて、聞いてる側も震えがきそうです。

3日くらい夢に見るかもしれませんが、それでも観たいという方はどうぞ・・・。








4本目「太陽の傷」

哀川翔版の「狼の死刑宣告」ケビン・ベーコン主演

衝撃度は前述の映画に比べれば全然少ないんですが、「少年法」を題材にした映画です。

「三池監督もこんな社会的な映画を撮るんだ。」と逆に衝撃。


※後日レビュー記事を書きました、
参考:http://meshifuroneru.seesaa.net/article/463705951.html(2本目です。)






最後「十三人の刺客」
13人の刺客.jpg
衝撃度もエンターテインメント性も併せ持つ、非情にオススメの一本です。

映画公開時に話題になったので、観てる方も多いと思いますが未見の方はぜひ一度。

暴君である稲垣吾郎を落合宿で待ち伏せ、役所広司以下十三人が三百人を相手に正義の元、戦うという勧善懲悪ものの映画です。

役所広司、伊原剛志が超カッコイイ。
SMAPの稲垣吾郎が、女とみれば犯し、子供も容赦せずゲーム感覚で殺しまくるとんでもない極悪殿様を好演してます。

この吾郎ちゃんに両腕、両足を切り落とされた女性が口に筆を加え「皆殺し」と鬼気迫る表情で書くところは壮絶・・。






こんな衝撃作を撮る三池監督は、海外のホラー監督にもリスペクトされており、イーライ・ロス監督の「ホステル」では、猟奇的な趣味を楽しむためにやってきた金持ちの役で、一瞬ですが出演してます。(セリフもあり。)








最近では「〇の楯」とか言う映画で不評を買ってしまった三池監督ですが、こればっかりは原作が穴だらけだったのでしょうがありません。

わたしも単純に「そのお金でゴルゴ13なみの凄腕スナイパーを雇えば済む話なのに・・・。」と思ってたら、他の映画のブログやYahooのレビュー記事でそんな意見が山ほど出てました。

さらには、法律に詳しい方の感想を読むと、山〇努さん演じる資産家が提示した10億円は、殺人ほう助になり没収されるらしいですね。

本人は面白いアイデアだと思っていても、ベースにある程度のリアリティがないと、奇をてらっただけで観客がついてこない映画になってしまうのではないか?と思います。


これもオファーを断らないことから出た弊害でしょうか?




三池監督作品は非情に数も多いため、一度では書ききれないので、そのうちパート2でもやろうと思います。



それではまた・・・・・。




posted by タバスコ at 23:02| Comment(0) | 映画監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: