2019年11月09日

メイキングを観るのが好きです。J 『ターミネーター』(1984年)の舞台裏



今日は2019年11月9日です。

昨日から『ターミネーター』の新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』が公開されているのですが、まだ観に行けてません。

来週くらいには『IT』後編と合わせて観に行きたいな〜、と思ってるのですが、今日はこの作品の原点『ターミネーター』1作目のDVD特典にあったメイキングの中で、ちょいと気になった重箱の隅的なことをピックアップして書いていきたいと思います。

過去記事の中で似たようなことを書いてるのもあるのですが、まとめ的な感じで読んでいただければ・・と思います。





@:配役変更は大成功

ご存知の方も多いと思うのですが、元々この作品はターミネーターランス・ヘンリクセンが演じ、シュワちゃんは主人公のカイル・リース役で企画されてました。

当初の構想としては、ターミネーターは目立たずいつの間にかターゲットに忍び寄り、殺した後は人ごみに紛れ消えていく。

そんな個性のないマシーンとしての設定でした。

T1-6.jpgT1-7.jpg







ところが、脚本を読んだシュワちゃんが「これって悪役は絶対俺やん!」とジェームズ・キャメロン監督に直訴。
 
キャメロン監督は断るつもりでシュワちゃんと話し合いに臨むんだけど、話を聞くうちに「それってありだよな。」と方針変更。

未来からやってくるターミネーターは、姿なき暗殺者からブルドーザーや機関車のように誰も止めることのできない殺戮者に変貌したんです。

おかげで新たに主人公役を選ばないといけなくなったわけですが、オーディションの結果カイル役マイケル・ビーンに決定。


この配役変更について、プロデューサーでありキャメロン監督の良き理解者であるゲイル・アン・ハード氏は非常に面白いことを言ってます。

「ターミネーターが彼になったことによって、わざわざ機械であることを強調する必要がなくなったんです。彼の体そのものが兇器なんです。」

また、主人公役のマイケル・ビーンについては「どこかもろさがあるところがいい。」「カイル役にはアクションができることももろさも必要なんだけど、彼にはその両方がある。」

非常に的確な表現だと思います。 


一方、マイケル・ビーン本人は・・。

「この映画の後アーノルドとのことをしょっちゅう聞かれるんだけど、彼と一緒なのはクラブの銃撃戦シーン一か所だけなんだ。」
「あとはそれぞれ別に撮影している。 僕は彼から逃げる役で捕まったらこの映画は終わりだ。」
「最後の工場のシーンはもうアーノルドじゃない。スタン・ウィンストンが作ったターミネーターさ。」

T1-6.jpgT1-5.jpg








言われて納得・・・そりゃそうだな。






A:特撮時のシュワちゃんの苦労

ナイトクラブでの銃撃戦の後、サラを車に押し込み逃げるカイル。

その車に飛び移り、フロントガラスを殴ってぶち破るターミネーター。

T-1-3.jpgT-1-2.jpg







このシーン(画像2枚目)は、さすがにシュワちゃんでも素手でフロントガラスを突き破るのは無理なので、突き破る瞬間では右手は金属の棒になってます。

また、動いてる車の上ではどうしてもバランスがとりずらい、とのことで車は動かさず、ダミーの壁の方を動かし、走ってる風に見せて撮ってるそうですよ。

T1-5.jpgT1-4.jpg









その後、車から振り落とされたターミネーターが起き上がるシーンでは、服がまだくすぶっているように見せるために煙を出さないといけないので、弱い酸をかけられたそうです。

シュワちゃんいわく「スモークとか他に方法はないのか?」・・と。

まあまあ目に染みたそうですね。







B:スタン・ウィンストンのアイデア

当初は特殊メイクをメイク界の神様ディック・スミス氏にお願いする予定だったのですが、脚本を読んだディック・スミス氏は「この作品に必要なのはスタン・ウィンストンだ。」と彼を推薦したそうです。


元々低予算の映画というのは分かっていたし、さらにシュワちゃん『コナン』の続編に長いこと拘束されていたおかげで撮影開始が遅れ、時間もあまりない。

そんな中でジェームズ・キャメロン監督の要求を満たすためにスタン・ウィンストン氏は様々なアイデアを提案していきます。


●エンドスケルトンは上半身と下半身に分ける。

元々キャメロン監督はターミネーターが炎から出てくるシーンにも使われている、ストップモーションを大々的に使いたかったようですが、これだと全身は映せるけどとにかく時間がかかる。

T1-1.jpg









そこで、スケルトンを上半身と下半身に分けて人が動かすことを提案。

T1-4.jpgT1-2.jpg










舞台裏の写真を見るとやや滑稽ですけど、これがフィルムになると、まるで本当にターミネーターが動いてるように見えますね。



このシーンの動画では全身のスケルトン ⇒ストップモーション ⇒上半身のスケルトン ⇒階段を歩くのは下半身のスケルトン・・と言う風に上手に使い分けをしているのが分かると思います。




●爆破用はウレタンスケルトン、プレス機用はアルミ箔スケルトン。

動画の後半で爆破されるターミネーターウレタンクロムメッキを施したものだそうです。

金属片が飛ぶなんて危なくてしょうがないですからね。

さらには最後にプレス機でつぶされるシーンのUP。

UPシーンの特殊効果は現場でキャメロン監督の指示を受けながら対応したものだそうです。

アルミ箔で頭の形を作り、これまた作り物のプレス機で潰すと目の周りがポロッと落ちる。

そして電球の光を弱くしていき、ターミネーターの最期を表現。

T1-9.jpgT1-8.jpg










ビックリしたのは、最後に漂う煙はたばこの煙だそうですよ。・・アイデアですね。






●小さなものを大きく作る、という特撮もある。

ターミネーターが鏡を見ながら自分で目にナイフを入れるシーンがありますよね。

T1-3.jpgT1-2.jpg






この二つの画像の右と左では違うダミーヘッドを使っています。

右側では虹彩を絞る動きを見せるために大きな目の部分を別に作ってるんですね。

T1-5.jpgT1-4.jpg









小さなものをクローズアップ用に大きく作る特撮は、CGがない頃には良く使われており、代表的なものだと『グレムリン』の顔のUPの表情などがありますね。

ミニチュア特撮は、大きなものを小さく作るという、特撮の代名詞みたいなものですが、小さなものを大きく作る特撮もある・・ということですね。






C:追加撮影にもお金は掛けません。

ぬけのない脚本を書き、完璧に撮り切ったつもりでも、いざ編集してみると「このシーンとこのシーンのつながりいるよね。」って感じで追加撮影が必要になってきます。

ギリギリでやってきたこの作品はそんなところでもお金をかけないで勝負。


●サラの家の外にいるターミネーターの足元。

サラの家に忍び込む直前のカットが必要になったので、ゲイル・アン・ハード氏の自宅で撮ることに。

T1-3.jpgT1-2.jpg







黒いブーツもなかったので黒いスプレーで塗ったそうですよ。




●遺体袋はスーツバッグ

カイルが遺体袋に入れられるUPのカットも必要だったので、マイケル・ビーンを呼んで追加撮影したそうですが、袋はキャメロン監督の車にあったスーツバッグだそうです。

T1-3.jpgT1-2.jpg












以上、今回は『ターミネーター』制作時のちょっと重箱の隅的なことを記事にしてみました。


その他にも未来を描いた際の特撮に使われたリアプロジェクション強制遠近法などの話もしたいのですが、長くなるのでその辺は改めて書こうと思います。・・・いつか多分。




今や30年以上も続く大ヒットシリーズになった、この『ターミネーター』シリーズですが、前回の『ジェネシス』がコケた途端になかったこととされ、今回の『ニュー・フェイト』

『ジェネシス』が結構好きだったわたしとしては、この切り替えの早さは遺産の食いつぶしの連鎖になるような気がして個人的に少し不安です。

・・『ジェネシス』続編で巻き返しもありかな、と思ったんですけどね。



『ターミネーター:ニュー・フェイト』については、観てきて楽しかったら記事にする・・・かもしれません。


ジェームズ・キャメロン監督本人については以前本を読んだ時に記事にしてますので、よろしかったらそちらも覗いてみてください。

※参考:http://meshifuroneru.seesaa.net/article/451836987.html



・・・・・それでは、今日はこの辺で失礼します。




posted by タバスコ at 20:20| Comment(0) | 映画のメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

アレクサンドル・アジャ監督の映画


先日『クロール-凶暴領域-』を劇場鑑賞してきました。

スプラッターホラーが得意なアレクサンドル・アジャ監督作品だったので、かなりどぎつい描写もあるのかな?と思いつつ鑑賞したのですが、これが後味スッキリの良質パニックアクション映画に仕上がっててびっくり。

せっかくなので今日は、このアジャ監督の作品を少し紹介したいと思います。

アレクサンドル・アジャ監督.jpg










『ハイテンション』(2003年)



アジャ監督が弱冠25歳の時に撮った壮絶スプラッターホラーアクション映画です。

主人公はショートカットで少しおとなしめの女の子。

落ち着いて試験勉強をするために、静かな田舎にある親友の実家へ二人で行くことに。

ハイテンション4.jpgハイテンション1.jpg





夜も遅くの到着だったので、二人は早々にベッドに入るが、夜中に突然やってきて玄関のブザーを鳴らすのは、ボロボロのトラックに乗り薄汚れたつなぎを着た男。

「誰だよ、こんな夜中にブザーを鳴らして・・。」ガウン姿で玄関に出てきた親友の父親を惨殺。

その後は母親、弟となぶり殺しにし、親友は猿ぐつわを噛まされトラックに押し込められる。

ハイテンション6.jpgハイテンション5.jpg





余りの恐怖にひたすら隠れ、逃げ回る主人公だったが、親友が殺人鬼に連れ去られたことを知ると、意を決して殺人鬼を追いかけていく・・。

ハイテンション13.jpgハイテンション10.jpg





最後はビックリするようなどんでん返しもあり「じゃあ、あのジーパーズ・クリーパーズが乗るようなボロボロのトラックって実際に存在したの? どこまでが妄想なの?」って思ったのも事実ですが、そこは観る人の感性に任せて、とにかく強烈な映画を撮りたかった、という志がメイキングから見て取れました。

かなりの低予算で製作されたそうですが、特殊メイクを受け持ったのは『ビヨンド』 『サンゲリア』 『デューン・砂の惑星』等、低予算から大作まで数々の作品で特殊メイクを担当したジャンネット・デ・ロッシという大ベテラン。

ハイテンション17.jpg









経験も浅く若い監督だけど、その熱意に打たれ特殊メイクを請け負ったそうですが、熱意はあれどまだまだ未熟なアジャ監督に、特殊メイクの見せ方なども伝授していったそうです。

ハイテンション20.jpgハイテンション19.jpg







主人公のショートカットの女性は、セシル・ドゥ・フランスと言う女優さん。

この役作りのためジムに通ってかなり体を作ったそうです。

ウィキペディアを観てビックリしたのですが、『ヒア・アフター』に出てる方でした・・全然違う(;゚Д゚)。

ヒア・アフター1.jpg









昔の和製ホラー映画で『死霊の罠』っていう作品があるんですけど、それを観た時にも似た「お金はかけれないけど、観てる人を心底ビビらせるホラー映画が撮りたかったんだ!」という熱意がスクリーンから漂ってくる・・そんな作品です。







『ヒルズ・ハブ・アイズ』(2006年)



ウェス・クレイヴン監督『サランドラ』の丁寧なリメイク作品です。

※参考:http://meshifuroneru.seesaa.net/article/427186010.html

ストーリーはオリジナルを丁寧になぞっており、また、オリジナル版ではほとんど触れてなかった「度重なる核実験によりミュータントが生まれた。」という描写をオープニングからバンバンかましてくれてます。
(これでOKだったら『ノストラダムスの大予言』の円盤化は全く問題ないと思うんだけどな〜。)

ヒルズハブアイズ2.jpgヒルズハブアイス1.jpg





主人公が探索するシーンに出てくる「核爆発の影響を調べるためにマネキンを置いている実験用の家屋」は『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(UFOのやつ)でも見られましたが、アメリカでは実際に核実験の際はこういうの置いてたんですかね。

ヒルズハブアイズ13.jpgヒルズハブアイズ12.jpg





主人公たちの家族構成はサザエさん一家で例えるとわかりやすいですね。

旅行で砂漠を縦断中のサザエさん一家(仮名)ですが、残念なことに途中で車がパンク(実は人喰いミュータントたちの罠)。

ヒルズハブアイズ4.jpgヒルズハブアイズ3.jpg





携帯も無線も通じないので、波平(元刑事)とマスオ(携帯電話売り)はそれぞれ別方向に救助を求めに行く。

「行き止まりだった。」とマスオはみんなの元に戻ってくるが、波平は人喰いミュータントたちに捕まり、トレーラーから見えるところで火あぶりにされてしまう。

ヒルズハブアイズ10.jpgヒルズハブアイズ9.jpg





「大変だ!」・・消火器を持って駆けつけるマスオ。

その隙に人喰いミュータントたちはトレーラーに忍び込み、フネとサザエさんを惨殺。

そしてタラちゃんを「旨そうな肉があるぞ〜。」と連れ去っていく。

あまりの怒りに覚醒してしまったマスオはバットを片手にタマ(シェパード)を連れ、人喰いたちを追いかけます。

ヒルズハブアイズ18.jpgヒルズハブアイズ11.jpg





一方、カツオとワカメは、また人喰いたちが襲ってくることを想定し、トレーラーに罠を仕掛けるのでした。
(この映画のカツオは頭がいいんです。)

ヒルズハブアイズ17.jpgヒルズハブアイズ16.jpg





復讐劇は、ラストにどれだけ留飲を下げられるか?がカタルシスにつながると思うのですが、この映画はその演出がオリジナル版以上に上手い。

思い入れのある善男善女の理不尽な死を前半に見せられた分、最後に「やったぜ!」と拍手したくなるようなエンディングが待っています。



フネを演じているのは『アポロ13』『ブレーキダウン』ですてきな奥さんを演じたキャスリーン・クインラン

人喰い家族のお父さん(多分)を演じているのは、惜しくも今年(2019年)に亡くなった悪役率99%のビリー・ドラゴです。

タマ(シェパード)も頑張ってますよ。

・・続編はクソ。






『ミラーズ』(2008年)



上記の2作品は怒涛のスプラッターホラーですが、この作品はスプラッター色が強いオカルト映画、といった感じですね。

『24』キーファー・サザーランドが同僚を誤射してしまい、トラウマを抱えている元刑事を演じています。

ミラーズ2.jpgミラーズ1.jpg





彼が次に見つけた仕事は、火災の後に放置されたままの百貨店の夜警。

火災から数年たった今も保険会社と係争中のため、取り壊すことも改装することも出来ず、そのままにしておかないといけないのだが、夜に不審者が入り込むのも困るため、警備員を雇っているとのこと。

ミラーズ4.jpgミラーズ3.jpg





ここが博物館だったら『ナイトミュージアム』みたいに楽しい出来事も起こるかもしれませんが、古い病院を改装したレトロな百貨店の火災の後に、何故か前任の警備員がとりつかれたように毎晩磨いていた鏡が鎮座してるもんだから、怪奇現象が次から次に発生。

ミラーズ8.jpgミラーズ7.jpg





鏡を通して起こる怪奇現象によってたった一人の家族である妹が犠牲になります。

そして、その禍々しい鏡の力は別れた妻とその子供たちにまで及ぶことに。

ミラーズ11.jpgミラーズ12.jpg





百貨店になる前、病院施設だった頃、ある実験が行われたことを知った主人公は『オーメン』グレゴリー・ペックのように伝手をたどりながら、ある修道院へ向かい、怪奇現象を唯一終わらせられるであろう人物を探し当てるのですが・・。



『エクソシスト』『オーメン』ほどの重厚さはありませんが、オカルトっぽさを意識した作品だと思います。

最後は『決死圏SOS宇宙船』の世界へGO!

続編はクソではないですけど、あんまりパッとしないです。





『ピラニア3D』(2010年)



バカ映画です。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2、3』エリザベス・シュークリストファー・ロイドが共演しています。

ピラニア9.jpgピラニア12.jpg





『JAWS』リチャード・ドレイファスがオープニングでピラニアのえじき第一号となり、即退場します。

ピラニア3.jpgピラニア1.jpg





アジャ監督の友人でもあるイーライ・ロスが美女のTシャツにホースで水をかけて「透けてる透けてる〜。」と喜んでたら、ボートとボートに挟まれて死にます。

ピラニア16.jpgピラニア15.jpg






続編はもっとバカです。







『クロール-凶暴領域-』(2019年)



先日劇場鑑賞してきた作品です。

これは良質なワニパニックものですね。

主人公の女の子ヘイリーは大学の競泳選手。

バリー・ペッパー演じる父親は、子供の頃から松岡修造的な熱血指導をする良きコーチでしたが、離婚してからはなんとなく疎遠に。

クロール3.jpgクロール2.jpg






姉からの電話でハリケーンに襲われたフロリダにいる父親と連絡が取れないことを知ったヘイリーは、避難勧告が出る中実家へ向かう。

実家へ到着し見つけたのは、地下室で大けがをして意識を失っている父親デイブ

「大変だ!」

何とかして病院へ連れて行かないと。

地下室から引っ張り出そうと悪戦苦闘するヘイリーの前にいきなりワニが現れる。

クロール7.jpgクロール4.jpg






ちょっと前に『パニックマーケット』という映画がありました。

津波でサメがスーパーマーケットの中に入り込み、主人公たちが大騒ぎ・・という映画でした。

最初はそんな映画かな?と思って観てたのですが、観終わった感想は『ロスト・バケーション』に近いですね。

ワニは何匹も出てくるのですが、ストーリーがほぼ父親と娘の二人だけで進み、舞台もほぼ地下室。

クロール13.jpgクロール12.jpg





後半、地下室を飛び出してからは一気に展開が加速していき、一番の危機的状況ではヘイリーの「タフで頑張り屋さん気質」がピンチを救う。

流れというか、作品の雰囲気が『ロスト・バケーション』にすごく近いです。

※参考:http://meshifuroneru.seesaa.net/article/460235642.html

ワニパニック映画なのでワニの怖さを観客に伝えるために誰かを襲わないといけないのですが、どぎつい映画じゃないので、思い入れのある人は殺しません。(この辺は、思い入れのある人をバンバン殺す『ヒルズ・ハブ・アイズ』とは違いますね。)

ハリケーンに乗じてATMごと盗もうとした若者や、ヘイリーたちを助けに来た姉の元カレなどがワニの犠牲になるのですが、この辺の犠牲者の立ち位置って『ロスト・バケーション』で犠牲になる若者サーファーや酔っ払いの立ち位置と同じなんですよね。

殺されて可愛そうだけど、あまり観客の気持ちを逆なでしないし後に引かない。

そんな割に合わない犠牲者のおかげで、ラストの脱出劇がハラハラドキドキ、手に汗握るんです。



ちなみにパンフレットによると「クロール」は水泳の「クロール」という意味と「這う」という意味があるそうですね。


『JAWS』の後を継ぐ良作として『ロスト・バケーション』を以前挙げましたが、この『クロール-凶暴領域-』という作品は、ワニ映画の原点でありアナログ特撮を駆使した最高のワニ映画『アリゲーター』を継ぐ良作ではないかと思います。




この作品はサム・ライミ製作総指揮の大作です。

怒涛のスプラッター作品だけじゃなく、こういうハリウッド的エンターテインメント大作も作れるアジャ監督

次回はどういうジャンルの作品を撮ってくれるのか楽しみですね。



ちなみにアジャ監督自身もプロデューサーであり『P2』『マニアック』などプロデュースしています。

なかなか面白い作品なので、興味がある方はこのブログ内検索で検索してみてください。



・・・・・それでは、今日はこの辺で失礼します。




posted by タバスコ at 04:59| Comment(0) | 映画監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする